美容師になるために必要な知識【美容専門学校に通ってスキルを習得】

MENU

スタイリストになりたい

ミシン

資格の必要がなくても

スタイリストは、テレビや雑誌等のメディアやショー等のイベントに出演するモデルやタレントのファッションをコーディネートをする職業です。トレンドを取り入れながら自分の感性を服や小物で表現するスタイリストは、ファッション好きにとっての憧れの職業と言われています。スタイリストになるあたって必要とされる資格は特にないとされますが、ただしファッションに関する知識や基本的なコーディネートスキルがなければ、仕事が与えられる可能性はまずないでしょう。そこでスタイリストを目指す多くの人は、服飾専門学校に通い、これらの知識とスキルを学んでいます。服飾専門学校は、スタイリストの他、デザイナーやパタンナーを志望する人等、ファッションを職業と欲する人が通う学校です。そのため服飾専門学校は全国各地に存在していますが、できるだけ最新でなおかつ感性が豊かなファッションの現場に触れたいと考えるなら、東京にある学校を選ぶのがおすすめと言われています。これは、東京が世界でも名だたるファッションの街として知られ、そのため常に刺激を受けやすい環境にあることが第一の理由です。さらに、東京の服飾専門学校には東京で活躍する現役のトップスタイリストが講師として指導しており、その高感度なコーディネートスキルに触れられる他、実習や研修を受けることで講師やそのアシスタントを通じて業界とのツテが得られることから、よりスタイリストへの道が開きやすくなるのです。なお、服飾専門学校は全日制で2年のものが多く、より高いレベルを目指す人は3〜4年修業するコースを選んでいます。一般に服飾専門学校は実習が多く、材料費や教材費、研修費等が大きくなることから、学費は年間90万〜120万円くらいが相場とされます。なお、東京の服飾専門学校は仕事を持つ社会人等のために夜間部を開講しているところが多数あり、こちらの年間費用は全日制のおよそ半額くらいです。

Copyright© 2018 美容師になるために必要な知識【美容専門学校に通ってスキルを習得】 All Rights Reserved.