美容師になるために必要な知識【美容専門学校に通ってスキルを習得】

MENU

美容師として働きたい

ヘアケアセット

国家試験の合格を目指す

美容専門学校に進学する目的は、美容専門学校で基礎知識や技術を学び、国家資格を取得するところにあります。資格を取得すると、自分の美容センスやイメージを形にできる「美容師」になることができます。美容専門学校には、国家試験を受けるための必修である「学科授業」と「実習授業」があり、昼間部で合計1400時間以上の履修が定められています。美容専門学校では、美容師として仕事をするうえで基礎となる知識や技術をしっかり学ぶことができます。美容専門学校は全国にとてもたくさんありますが、学校によってカリキュラムに違いがありますので、比較して選ぶと良いでしょう。学科授業は理美容における法令や制度、社会的責任などを学びます。環境衛生知識や消毒方法などと、生物化学分野としての皮膚や髪について学んでいきます。また、薬剤知識や美容用具の正しい使用方法についても理解することができます。美容の歴史や運営方法、理美容器具の種類や目的についても学び、実務に沿った知識を得ることができます。実習ではカッティングで頭髪を整える技術を身につけたり、パーマやローラーカールなどを使って全体のバランスの基礎を磨いていきます。美容専門学校の中にはネイルやエステ、シャンプーブロー、カラーリングやメイク、着付けなどの体験授業を組み込んでいる学校もあります。海外研修を体験できる美容専門学校では、とても貴重な経験ができます。これらの体験授業は深く学ぶという感じではなく、基礎となるものが幅広く学べる程度です。美容専門学校では、国家試験対策としての学科授業と実習授業がメインとなります。自分に合っていると思う美容専門学校があれば、まずは資料を取り寄せてその学校の詳細を確認しましょう。オープンキャンパスにも参加して、校風や在校生の様子を見てみることをおすすめします。

Copyright© 2018 美容師になるために必要な知識【美容専門学校に通ってスキルを習得】 All Rights Reserved.